コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チンボラソ火山 チンボラソかざん Volcán Chimborazo

2件 の用語解説(チンボラソ火山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チンボラソ火山
チンボラソかざん
Volcán Chimborazo

エクアドル中部,アンデス山脈の西部にある火山。チンボラソ州に属し,州都リオバンバの北西約 30kmに位置する。同国の最高峰で,標高 6310m。先住民ケチュア族の言語で「青い雪」を意味し,赤道に近いが 4700m以上は万年雪に覆われ,氷河が発達している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チンボラソ火山
ちんぼらそかざん
Nevado Chimborazo

南アメリカ北西部、エクアドル中部にある火山。標高6310メートル。同国の最高峰で、19世紀初頭まではアンデス山脈の最高峰と信じられていた。首都キトの南方にそびえ、同国の象徴的存在である。噴火記録はなく、侵食が進み火口も見当たらない。頂部は二峰に分かれ、赤道直下だが、多くの氷河に覆われ、山麓(さんろく)にはヒツジなどが放牧されている。1880年、イギリスのE・ウィンパーが初登頂に成功した。[諏訪 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チンボラソ火山の関連キーワードアンデス山脈エクアドルケチュア族カイラス山アコンカグアコトパクシチンボラソアンデス[山脈]チンボラソ[山]アンデス地方

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone