コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツィンカーナーゲル ツィンカーナーゲル Zinkernagel, Rolf M.

2件 の用語解説(ツィンカーナーゲルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツィンカーナーゲル
ツィンカーナーゲル
Zinkernagel, Rolf M.

[生]1944.1.6. スイスバーゼル
スイスの医学者。 1970年バーゼル大学で,75年オーストラリア国立大学でそれぞれ博士号を取得。チューリヒ大学教授などを経て,92年同大実験免疫学研究所長。 1973~75年オーストラリア・キャンベラにあるジョン・カーティン医科大学で,P.C.ドハティと共同で,髄膜炎に感染させたマウスを使って免疫系である白血球の1種Tリンパ球 (キラーT細胞) がウイルス感染細胞を殺す仕組みについて実験した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツィンカーナーゲル
つぃんかーなーげる
Rolf M. Zinkernagel
(1944― )

スイスの免疫病理学者。バーゼル近郊の生まれ。1968年バーゼル大学医学部卒業。1971年チューリッヒ大学に進学。外科医の研修を経て1973年オーストラリア国立大学に進学、P・ドハーティ細胞性免疫の標的認識機構について共同研究を行い1975年博士号を取得。1976年スクリップス・クリニック研究財団免疫病理学部門準教授、1979年同教授。同年スイスに戻りチューリッヒ大学病理学準教授、1988年同教授。1992年より同大学実験免疫学研究所所長となる。
 細胞性免疫が働く際に、Tリンパ球(T細胞)が、ウイルスに感染した標的細胞の細胞膜表面に提示された抗原を認識するとともに、自己の細胞であることを示す主要組織適合遺伝子複合体(MHC:major histocompatibility complex)も認識していることを、マウスを用いた実験で明らかにした。すでに知られていたBリンパ球(B細胞)による抗体性免疫とあわせて、生体の免疫システム解明に貢献。これらの功績により、ドハーティとともに1996年のノーベル医学生理学賞を受賞した。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツィンカーナーゲルの関連キーワードバーゼル美術館スイス銀行すいすいブラウンスイススイスチーズスイスイバーゼル交響楽団バーゼル室内管弦楽団バーゼルの喜びフローゼル

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone