コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツイッター ついったーTwitter

翻訳|Twitter

知恵蔵の解説

ツイッター

Twitter」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ツイッター

SNSの一つで、140字の短文を投稿できる。1人で複数のアカウントをつくったり、2人以上で共有したりすることもできる。参加は無料。気になる人のアカウントを登録してその人のつぶやきを追い続けることを「フォロー」といい、自分のアカウントがたくさんの人に登録されているのは、「フォロワーが多い」という。フォローしている人のつぶやきの内容が時系列で画面に表示され、「タイムライン」と呼ぶ。自分のアカウントの公開範囲を選ぶこともでき、公開するフォロワーを限定したアカウントは「鍵アカ」という。

(2016-01-03 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

ツイッター(Twitter)

《小鳥のさえずり・おしゃべりの意》簡易ブログの一。インターネット上で、不特定多数の人に向けて140字以内の文(ツイート)を発信したり、また他の人の文を読んだりすることができるサービス。米国オブビアス(現ツイッター)社が2006年にサービス開始。2008年より日本語も利用可能になった。→フォロー5ツイートリツイートタイムライン2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ツイッター

インターネットのコミュニケーションツールの一つで,英語のtweetsは〈小鳥のさえずり〉〈くすくす笑い〉の意味だが,日本では〈つぶやき〉と訳されている。2006年,アメリカのオブビアス社(現在はツイッター社)が開始したサービス。
→関連項目アノニマスウェイボ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

マーケティング用語集の解説

ツイッター

2006年よりスタートした、ブログやSNSとチャットの間のようなサービス。各ユーザーは、140文字以内の「ツイート(つぶやき)」と言われる文章を投稿する。閲覧したユーザーからのフォローもリアルタイムに閲覧できる。携帯電話から投稿・閲覧ができるため、幅広いユーザー層を持つ。
BtoCでは、多くの企業が取り入れている。

出典 マーケティングキャンパスマーケティング用語集について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ツイッター【Twitter】

ブログサービスのひとつ。2006年にアメリカのオブビアス(現ツイッター)がサービスを開始し、2008年には日本語版の提供が始まった。利用者は140字以内のごく短い文章を投稿する。複数の利用者間で会話のようなコミュニケーションをとることができる。◇「さえずり」「さえずる」の意の「twitter」から。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツイッター
Twitter

パーソナル・コンピュータ(パソコン)または携帯電話を経由してインターネット上で受信者グループに短文を配布するミニブログ・サービス(→ブログ)。ワールド・ワイド・ウェブ上のソーシャルネットワーク・サービス SNSの側面をインスタントメッセージ技術と結びつけ,「ツイート(つぶやき)」と称する 140字以内の短文メッセージで終日連絡し合える利用者網とした。利用者がツイートを入力し,サーバに送信すると,サーバはその送信者からのツイート受信を希望する登録利用者(フォロワー)の一覧に従い,携帯電話またはパソコンへメッセージとして送信する。加えて利用者は特定のテーマを選択して追うことができ,一連の対話形式でフォロワーが数百万人以上の規模に増えることもありうる。2006年,グーグルを辞めたエバン・ウィリアムズとクリストファー・アイザック(ビズ)・ストーンが立ち上げたポッドキャスト配信会社オデオ Odeoの副業として設計された。ウィリアムズは実験的に Twttrというショートメッセージ・サービス SMSを開始し,その将来性を見込んでオビアス Obviousを創立。技術者ジャック・ドーシーを迎え,2007年3月にアメリカ合衆国テキサス州オースティンで開催された音楽祭でツイッターの完成版を発表し,翌 4月ツイッター社を設立した。ツイッターの構築にはスクリプト言語ルビーを用いたウェブアプリケーション開発用フレームワークであるルビーオンレイルズが使用され,その他のオンラインサービスとの開放的応用と統合が可能なインターフェースになっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツイッター
ついったー
Twitter

ブログと電子メールの中間的な位置づけのコミュニケーション・ツール。140字以内の短文のみに対応する点が特徴の一つ。インターネット接続が可能なパソコンや携帯電話などで利用する。
 Twitterとは元来は「小鳥のさえずり」や「くすくす笑い」という意味のことばだが、日本では「つぶやき」と訳された。ユーザーは「いまどうしてる?What's happening?」という問いかけに対してこたえる形で投稿を行う(スタート当初の「いまなにしている?What are you doing?」から変更)。その投稿をツィート(つぶやき)とよぶ。他のユーザーはそれを閲覧できるだけでなく、フォローとして140字以内のコメントをつけることができ、タイムラインに追加されていく。これを繰り返すことで、コミュニケーションをとっていくもの。リアルタイムでのメッセージとしてはチャットにも近い。2006年にアメリカでサービスを開始。2008年(平成20)から日本語版も提供されている。即時性や日常性などから人気を博しており、芸能人や政治家、企業経営者なども多く参加している。また、個人だけでなく企業の商用利用も許可されていることもあって、広がりをみせている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツイッターの関連キーワードニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)ソーシャルメディアマーケティングツイッター(Twitter)オキュパイ・ムーブメントsocial mediaTwitter TV指標promo tweetレピュテーションリスクカップル共有アカウントショートビデオサービス和合さんと東日本大震災Twitterスパムクライシスマッピングダイレクトメッセージエバン ウィリアムズソーシャルメディアリムジンパーティー大根おろしアートバイラルメディア

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツイッターの関連情報