コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツェツェルレグ ツェツェルレグTsetserleg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツェツェルレグ
Tsetserleg

モンゴル中部,アルハンガイ州の州都。ハンガイ山脈の北東斜面,オルホン川の支流の谷にある。 1580年に建造されたチベット仏教寺院を中心に形成され,1921年の革命まではサインノヨン・ハン部の中心地であった。建設,建材,食品などの工業が発達している。ウラーンバートルと航空路,自動車道で結ばれる。人口 2000 (1989推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツェツェルレグ
つぇつぇるれぐ
Tsetserleg

モンゴル中部、アルハンガイ県の県都。オルホン川の支流ウルト・タミル川北岸の標高1695メートルに位置する。人口1万8519(2000)。1586年にチベット仏教(ラマ教)寺院であるザヤ廟(びょう)が建設されたのが町の起源で、以来宗都都市として発展した。今日ではアルハンガイ県の行政、経済、教育、文化の中心地である。[吉田順一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ツェツェルレグの関連キーワードツェンケル温泉ボルガン山

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android