コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツェルトザック 〈ドイツ〉Zeltsack

デジタル大辞泉の解説

ツェルトザック(〈ドイツ〉Zeltsack)

登山用の、ポールのない軽量のテント。ツェルト。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ツェルトザック【Zeltsack[ドイツ]】

登山などで非常用に用いる露営用具。軽量で携帯に便利なようにつくられ,防水布をただかぶせるだけのものから,フレームの入った小型テントまで各種のものがある。近年は少人数の登攀(とうはん)などでは非常用だけではなく,ツェルトを積極的に利用して行動することが行われるようになったが,小型のため居住性はよくない。【徳久 球雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ツェルトザック【Zeltsack】

登山用の軽い袋状のテント。主に不時の露営に用いる。ツェルト。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツェルトザック
つぇるとざっく
Zeltsackドイツ語

登山用具の一つ。非常用の簡便な小型テントをいい、軽量かつ携帯に便利で、ただかぶるだけの簡便なものからフレームの入った小型テントまで各種のものがある。日本ではツェルトと略すことが多い。非常用として携帯していたが、近年ではむしろ積極的に平常の登山のときでもこれを利用して行動することが行われており、少人数の岩壁登攀(とうはん)などには荷物が少なくなるため便利で行動半径が拡大した。[徳久球雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツェルトザックの関連キーワードビバークキャンプ不時