コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツベルクリン tuberculin

翻訳|tuberculin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツベルクリン
tuberculin

R.コッホ (1843~1910) が 1890年に結核の診断と治療に用いるため創製したもの。旧ツベルクリンはヒト型結核菌を培養したのち,加熱殺菌してつくられたが,新ツベルクリンは 97年に,結核菌体を乾燥して砕き,水分を除いて 20%のグリセリンに浮遊させてつくられた。現在は PPD (精製ツベルクリン蛋白) が用いられている。ツベルクリン反応は,ツベルクリン液を皮内に 0.1ml注射し,48時間後に発赤を計測して結核菌感染の有無を判定するもの。通常,注射部位の発赤の直径が 1cm以上の場合に陽性,それ以下の発赤を疑陽性,発赤のないものを陰性とする。陽性の場合は硬結や水疱を伴うこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ツベルクリン(〈ドイツ〉Tuberkulin)

結核菌培養液から抽出した精製たんぱく質の注射液。結核菌感染の有無の検査に用いられる。旧ツベルクリンは培養液を濾過(ろか)・濃縮して製したもので、今は使われない。1890年にコッホが治療薬として創製。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ツベルクリン【Tuberkulin】

結核感染の有無を診断するために用いる注射液。1890年にコッホが結核の予防・治療をめざして創製。治療に効果はなかったが既感染者に強い反応を起こすため、のち、ピルケ・マントーらによって結核感染の有無の判定に用いられるようになった。現在では旧ツベルクリン液に代わり、精製ツベルクリンが用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のツベルクリンの言及

【コッホ】より

…85年にベルリン大学衛生学教授,91年にはベルリンに新設された伝染病研究所長となる。この間,90年にツベルクリンをつくって,結核の治療薬にしようとした。また晩年は熱帯病の研究に従事した。…

※「ツベルクリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ツベルクリンの関連キーワードクレメンス・ピーター・フォン ピルケツベルクリン検定乳C. マントゥーツベルクリン検査ロベルト コッホ遅延型アレルギー疑陽性・擬陽性レプロミン反応結核アレルギーBCG 陽転マントー反応ピルケ反応BCG陽転佐々木政吉細胞性免疫アネルギー讃井勝毅皮内反応陽性反応宇野 朗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android