コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティコ Tycho

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティコ
Tycho

月の南極近くのほぼ西経 11.4°,南緯 40.9°にある直径 87km,深さ 4kmのクレータ。 1968年1月アメリカ無人月観測船を載せたサーベイヤ7号はこのクレータの北端に着陸し,土壌の化学分析を行なったほか,約2万 1000枚の山岳地帯の写真を撮影して送ってきた。環状山の外縁は高さ約 3600mもあり,その周辺から無数の美しい光条が四方に放射している。ティコ・ブラーエを記念して命名された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ティコの関連キーワードファブリキウス(David Fabricius)ドライヤー(デンマークの天文学者)コペルニクス・クレータヘロドアティクス音楽堂ミシェル ピッコリルードルフ(2世)ルドルフ[2世]天文学史(年表)ティコ・ブラーエケプラーの法則ヘラクレイデスファブリチウスラベロマナナカシオペア座12月14日VALUESエリダヌス座シチェドリンティコ超新星惑星(天体)

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ティコの関連情報