コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティコ Tycho

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティコ
Tycho

月の南極近くのほぼ西経 11.4°,南緯 40.9°にある直径 87km,深さ 4kmのクレータ。 1968年1月アメリカ無人月観測船を載せたサーベイヤ7号はこのクレータの北端に着陸し,土壌の化学分析を行なったほか,約2万 1000枚の山岳地帯の写真を撮影して送ってきた。環状山の外縁は高さ約 3600mもあり,その周辺から無数の美しい光条が四方に放射している。ティコ・ブラーエを記念して命名された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ティコの関連キーワードファブリキウス(David Fabricius)ドライヤー(デンマークの天文学者)ヘロドアティクス音楽堂コペルニクス・クレータシティバンク[会社]ルイス アラゴネスルードルフ(2世)SIGNATUREミシェル ピッコリルドルフ[2世]シュテルンハイム天文学史(年表)ティコ・ブラーエヘラクレイデスファブリチウスケプラーの法則エリダヌス座シチェドリン12月14日ティコ超新星

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ティコの関連情報