(読み)ウ

  • ×鵜
  • 鵜 (ウ)

デジタル大辞泉の解説

ペリカン目ウ科の鳥の総称。海岸・湖沼などに群生。羽は黒く、つやがある。くちばしは細長く鋭い。潜水して魚を捕らえ、水面に浮上してから飲み込む。日本にはウミウカワウヒメウなどがすむ。鵜飼いに用いるのは主にウミウ。 夏》「―の觜(はし)に魚とりなほす早瀬かな/白雄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ペリカン目ウ科の鳥の総称。中・大形の黒色の水鳥。首が長く細長い体つきで、くちばしが長く先が鋭く下に曲がる。水に潜って魚を捕り、のどにある嗉囊そのうに一時貯える習性がある。日本にはウミウ・カワウ・ヒメウ・チシマウガラスの四種が繁殖。ウミウを飼いならして鵜飼いに使う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ウ科の鳥の総称。中形で暗色の水鳥。体と首は細長く、くちばしも長くて、先は鋭く下に曲がる。海にも湖沼にもすみ、水中にもぐり魚を捕えるが、餌をとるとき以外はあまり水にはいることがない。全世界に約三〇種、日本には四種を産するが、普通に見られるのはウミウ、カワウ、ヒメウの三種で、鵜飼(うかい)に利用されるのはウミウである。中国ではカワウを使う。かはつ。しまつとり。ろじ。《季・夏》
※万葉(8C後)三・三五九「阿倍の島宇(ウ)の住む礒に寄する波間なくこのころ大和し思ほゆ」
※源氏(1001‐14頃)藤裏葉「御厨子所のうかひのをさ、〈略〉うをおろさせ給へり」
※高野山文書‐正和四年(1315)一二月二日・神野猿川真国三ケ庄庄官連署起請文「一、殺生禁断事 殊重、鵜、鷹、狩猟、魚網等也」
③ (①が魚を捕えて飲み込むところから) 物事をよく理解すること。なんでも知っていること。納得。合点。
※洒落本・色講釈(1801)「おらアこの土地は鵜(ウ)でいるものだから」
④ (黒頭巾を被った歌比丘尼(うたびくに)の姿が①に似ているところから) 歌比丘尼をいう隠語。
※雑俳・軽口頓作(1709)「めがはやいどうやつしても遊女の鵜」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鵜の関連情報