コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティパサ Tipasa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティパサ
Tipasa

アルジェリア北部の村。首都アルジェの西約 70kmの地中海沿岸に位置する。前5世紀,フェニキアの植民町として建設され,ローマに引き継がれたのち,5世紀末に破壊された。ローマ時代の議事堂,浴場,劇場,神殿などの遺跡が多数残り,1982年世界遺産の文化遺産に登録。現在の村は 1857年ブドウ栽培のためにつくられた。人口 7066 (1987推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ティパサ(Tipasa)

アルジェリアの首都アルジェの西約50キロメートルにある、地中海沿岸の港町。紀元前7世紀に古代カルタゴの交易中継基地として建設、のち、ローマの植民都市として発展した。ローマ時代の神殿・劇場・円形闘技場など多くの遺構が残る。1982年、世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界遺産詳解の解説

ティパサ

1982年に登録されたアルジェリアの世界遺産(文化遺産)で、首都アルジェ西方の地中海沿岸に位置する。登録されたのはティパサ西部考古学公園、ティパサ東部考古学公園、死者記念塔の3物件。町は紀元前7世紀にフェニキア人により建設され、その後、ローマ帝国、さらにアラブ人に征服された。ティパサは約2.3kmにわたる城壁に囲まれ、フェニキア、ローマ、ビザンチンなどの時代の遺構が残っている。粗末な保護管理体制などが原因で危機にさらされ、2002年には危機遺産リストに登録されたが、2006年に削除された。◇英名はTipasa。ティパサはアラビア語で、「荒廃した都」を意味する。

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android