コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティモテオス Timotheos

世界大百科事典 第2版の解説

ティモテオス【Timotheos】

古典期ギリシアの抒情詩人。生没年不詳。イオニアのミレトスに生まれ,前5世紀末から前4世紀前半ころに活躍し,悲劇詩人エウリピデスとの親交が伝えられる。作品は隠滅したが,1902年古代パピルス文書巻より,彼のディテュランボス詩《ペルシア人》の結末部分約240行が発見された。これはサラミスの海戦で惨敗を喫したペルシア勢のありさまを,演劇的手法をまじえつつ活写した抒情詩形式の歌物語であるが,同形律格の反復対応は認められない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティモテオス
てぃもておす
Tmotheos
(前450ころ―前360ころ)

古代ギリシアの詩人、音楽家。ミレトスの出身。作品はすべて断片しか現存しない。ノモス詩『ペルシア人』の大断片は、ピンダロス以後の叙情詩の一面を示す貴重なもの。これはサラミス海戦を劇的にあるいはリアリスティックに歌っており、彼のもっとも特徴的な傾向、つまり詩と音楽の迫真的表現のために極端な技巧が端的に現れている。誇張と比喩(ひゆ)にあふれた詩は、ここでは音楽に付随するものにすぎない。弦楽器キタラの弦数を増やして多様な器楽手法を追究するなど、自ら音楽の改革者を自負した彼の奔放な「モダニズム」は、その技巧のゆえに喜劇詩人の嘲罵(ちょうば)の的ともなったようである。[伊藤照夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のティモテオスの言及

【エピダウロス】より

…当地でこの信仰が始まったのは前7世紀のことであるが,聖域の重要な建物はすべて前4世紀以降のものである。前390‐前80年ごろのアスクレピオス神殿(ドリス式,6×11柱)は黄金象牙の本尊座像を安置し,ティモテオスTimotheosが装飾した破風彫刻(アテネ国立考古美術館蔵)は重要な遺品である。前360‐前30年ごろポリュクレイトス2世の手になる,聖蛇を入れるための(?)円形建物トロス(26の外柱はドリス式,14の内柱はコリント式)は建築意匠の粋を凝らしたもので,多数の部材が当地の美術館に残っている。…

※「ティモテオス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ティモテオスの関連キーワードティモテオス[1世]マウソレイオンブリュアクシスイソクラテスギリシア文学エピダウロスマウソレウム

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android