コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティルバナンタプラム Thiruvananthapuram

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティルバナンタプラム
Thiruvananthapuram

インド南西部に位置するケララ州の州都。旧称トリバンドラム。インド半島最南端コモリン岬の北西約 80kmに位置し,1.6km西方のマラバル海岸とは運河で結ばれる。1745年トラバンコール王国の首都となり,インド南部のヒンドゥー教マラヤーラム語(→ドラビダ語族)文化の中心地として栄えた。多くの寺院,城,宮殿があり,ケララ大学をはじめ,教育,研究機関が集まる。ケララ州南部の商工業の中心地で,ココナッツ加工,ゴム,織物,薬品などの工業がある。漁業も盛ん。人口 74万4983(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のティルバナンタプラムの言及

【トリバンドラム】より

…人口52万4000(1991),大都市域人口82万6000(1991)。州公用語のマラヤーラム語名はティルバナンタプラムTiruvanantapuramで,〈聖なる蛇の町〉の意。アラビア海から約3km離れた丘陵上にあり,18世紀末以来トラバンコール・コーチン藩王国の首都であった。…

※「ティルバナンタプラム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ティルバナンタプラムの関連キーワードカラリーパヤット

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android