コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティーボール tee ball

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティーボール
tee ball

1960年代にアメリカで生まれた投手を必要としない野球打者は高さの調節可能なバッティングティー (台) の上に乗せたボールを打つ。盗塁がないことを除けば,基本ルールは野球とほぼ同じ。安全なだけでなく,だれにでも打つ楽しさが味わえ,年齢や男女の別なくプレーできる。野球人口の拡大をねらって国際野球連盟国際ソフトボール連盟普及に努めている。 1993年日本ティーボール協会が発足した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ティーボール(teeball)

野球ソフトボールの入門用として1988年に考案された球技。10人~15人の同数にそろえた2チームで対戦する。野手は10人。投手はなく、打者は本塁後方のティー(台)に載せたボールを専用のバットで打つ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ティーボールの関連キーワードニュースポーツ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ティーボールの関連情報