コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テコドント

百科事典マイペディアの解説

テコドント

槽歯(そうし)類とも。ペルム紀後期〜三畳紀の原始的な爬虫(はちゅう)類の一群。恐竜や鳥類などの祖先にあたる。ユーパルケリアは二脚歩行性,体長1mほど。ルティオドンはワニに似る。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テコドント【thecodont】

爬虫類で進歩した双弓類(亜綱)Diapsidaの一つ。恐竜の祖先型にあたる槽歯目Thecodontiaを指す。前顎類,偽顎類,鷲竜(しゆうりゆう)類,植竜類という4亜目がある。ヨーロッパ,アフリカ,アジア,アメリカなどに広く分布していた。歯が顎骨歯槽にしっかり植わっていることを意味する槽生thecodontyに由来する。二畳紀後期に祖先的なものが現れたが,三畳紀に栄え,この時代で絶滅した。古い槽歯類は完全な四足歩行で恥骨がやや長い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のテコドントの言及

【歯】より

…代生歯の歯胚はこの歯槽の中で発育する。このような植立の方式を〈槽生thecodont〉といい,ワニなど高等な爬虫類にもみられるものだが,セメント質の発生は哺乳類独特のものである。 第3は,はえる歯の数が少なく,種ごとに一定していることである。…

※「テコドント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

テコドントの関連キーワードテコドントサウルス古竜脚類竜盤類