コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テッツェル テッツェル Tetzel, Johann

3件 の用語解説(テッツェルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テッツェル
テッツェル
Tetzel, Johann

[生]1465頃.ピルナ
[没]1519.8.11. ライプチヒ
ドイツドミニコ会士。ライプチヒで学び,1509年ポーランドの宗教裁判官。 16年ローマ聖ペテロ大聖堂再建のため免償 (免罪符) が発行された際,マリテブルク地方担当官となって,各地で雄弁,過激な説教活動を行い,民衆に免償を買うようにすすめたが,金銭の喜捨のみによって煉獄の霊魂を救うことができるという俗信を利用して大いに成績を上げた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

テッツェル【Johann Tetzel】

1465ころ‐1519
ドイツのドミニコ修道会士。ライプチヒで学び,1489年同地のドミニコ修道会に入る。1504年より贖宥説教者となり,17年にはとくにマインツ大司教アルブレヒトの委託により説教によって免罪符を頒布した。これに反対してルター九十五ヵ条提題をもって討論を呼びかけたのが,宗教改革の直接のきっかけとなった。【徳善 義和】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テッツェル
てっつぇる
Johann Tetzel
(1465―1519)

ドミニコ会士。1504年より贖宥(しょくゆう)状(免罪符)販売の説教者となる。彼が有名となるのは、ひとえに17年に大司教アルプレヒトにマグデブルク大司教領内での贖宥状販売を委託されたことによる。彼は、ザクセン選帝侯の領地境のすぐ向こう側で贖宥状販売を行い、ザクセンの領民たちをひきつけた。ザクセン選帝侯領内では贖宥状販売が禁止されていたからである。ルターは、自分の教区民が悔い改めの行為をせず、金銭によって安易に魂の救いが得られるとしたことに宗教的危機を感じて「九十五か条の論題」を発表した。これがドイツ宗教改革の発端となるが、テッツェルは19年ライプツィヒ討論会の開催中に死去した。[森田安一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テッツェルの関連キーワードピルゼン勃・歿・没ピルスピルゼンビールプロピルミニピルピルケース箱根ピルスピーチピルスピルーエット (pirouette)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone