コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

贖宥状 しょくゆうじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

贖宥状
しょくゆうじょう

免罪符」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

贖宥状
しょくゆうじょう
indulgence

贖宥の証書。贖宥とは、カトリックの教義で、信徒が果たすべき罪の償いを、教会に蓄えられたキリストと諸聖人の功徳の分与により、赦免すること。免罪符ともいわれる。中世末以来、教皇の財政をまかなうため、これを信徒に買わせる慣行が生まれた。ルターが、真の悔い改めと、キリストのみを救主と仰ぐ信仰から、贖宥に批判を加えた「九十五か条の論題」が宗教改革の口火となった。[成瀬 治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の贖宥状の言及

【九十五ヵ条提題】より

…贖宥は,本来,地上におけるキリストの代理としての教皇が,教会に対する信徒の特別な功労にもとづき,その犯した罪のつぐない(教会的刑罰)を赦免する慣行であった。ルターは,修道生活の中で,ひとの救いは善行によらず,もっぱら神の恵みへの信仰によることを確信していたので,当時ドイツで販売されていた贖宥状が,信徒を真の悔改めと唯一の救主キリストへの信仰から引き離すことをおそれ,贖宥問題をめぐる討論会のために,95の論題を公表したのである。しかし,ラテン語で書かれていたこの九十五ヵ条は,たちまち何者かの手でドイツ語に訳されて各地に広まり,大反響を生むこととなった。…

【聖職売買】より

…サマリア人シモン・マグスが使徒ペテロとヨハネに対して,金銭を提供することによって聖霊の降下を依頼したという《使徒行伝》(8:18~24)の故事にちなみ,ラテン語ではシモニアSimoniaと言う。シモニアとは本来,霊的な事がらや神聖な事がらを金銭その他の手段によって獲得することを意味し,贖宥(しよくゆう)状(免罪符)取引なども含められていたが,一般的には教会や修道院の聖職を売買する行為をさす。ゲルマン的私有教会制のもとでは,国王は自己支配下の教会・修道院の聖職者を自ら任命し,それに対する対価を求めていた。…

【免罪符】より

…中世末から近世初期のローマ・カトリック教会で,信徒がこれを購入することによって,自己の犯した罪の償いを免除されると信じられた,教皇が発行する証書。贖宥(しよくゆう)状,贖宥符とも訳される。これがもたらす信仰上の弊害をルターが〈九十五ヵ条提題〉で攻撃したことが,宗教改革の口火となった。…

※「贖宥状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

贖宥状の関連キーワードアルブレヒト[マインツ]九十五ヵ条の提題九十五ヵ条提題レオ10世ルター主義テッツェル聖職売買フッガー論題

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

贖宥状の関連情報