コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テピク Tepic

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テピク
Tepic

メキシコ西部,ナヤリト州州都グアダラハラの北西約 200km,サンガングエイ火山のふもと,標高約 900mの地にあり,テピク川にのぞむ。 1912年鉄道が通じて以降急速に発展し,周辺の農業地帯の商工業中心地となった。トウモロコシサトウキビ,米,コーヒー,タバコなどの集散を行うとともに,市内には製糖,精米,その他の食品加工工場がある。 1542年に建設された古い町で,市街は近代化されているが,大聖堂,市庁舎,アマド・ネルボ劇場などの建物や街路などにスペイン植民地時代の趣をとどめている。周辺の山地にインディオのコラ族やウイチョル族が住む。ナヤリト大学 (1930) 所在地。人口 23万 8101 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テピク【Tepic】

メキシコ中央部,太平洋沿岸ナヤリト州の州都。人口20万6967(1990)。リオ・グランデ・デ・サンチアゴの河谷,標高920~950mに位置し,農業地帯の中核都市。同州ではトウモロコシ,フリホル豆のほかサトウキビ,タバコ,コーヒーなどの商品作物を産する。とくにタバコは同国産出高の大部分を占め,メキシコ市モンテレイに移出され最終加工されている。食品加工業が重要な経済的基盤。インディオ起源の町で,1524年フランシスコ・コルテスにより征服された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

テピクの関連キーワードメキシコ

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android