コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テピク テピク Tepic

2件 の用語解説(テピクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テピク
テピク
Tepic

メキシコ西部,ナヤリト州の州都。グアダラハラの北西約 200km,サンガングエイ火山のふもと,標高約 900mの地にあり,テピク川にのぞむ。 1912年鉄道が通じて以降急速に発展し,周辺の農業地帯の商工業中心地となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

テピク【Tepic】

メキシコ中央部,太平洋沿岸ナヤリト州の州都。人口20万6967(1990)。リオ・グランデ・デ・サンチアゴの河谷,標高920~950mに位置し,農業地帯の中核都市。同州ではトウモロコシフリホル豆のほかサトウキビタバココーヒーなどの商品作物を産する。とくにタバコは同国産出高の大部分を占め,メキシコ市モンテレイに移出され最終加工されている。食品加工業が重要な経済的基盤。インディオ起源の町で,1524年フランシスコ・コルテスにより征服された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テピクの関連キーワードトルカメキシコ地震表日本ニューメキシコメキシコ銀トゥーラ遺跡メキシカンメキシコシティメキシコのダンスメキシコ中央高原

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テピクの関連情報