コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テプリツェ Teplice

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テプリツェ
Teplice

ドイツ語ではテプリッツ Teplitz。チェコ西部,チェヒ (ボヘミア) 地方北部の都市。プラハの北西約 80km,ドイツとの国境近くに位置する。工業が盛んで特に機械工業が重要。ガラス,繊維,木材などの諸工業と窯業も行われる。近郊からは褐炭を産出。ローマ時代からの伝統をもつチェコ最古の温泉がある。クルシュネホリの山麓にあり,岩の断崖など自然美も有名。城には古い塔やベネディクト会修道院跡がある。人口5万 3039 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テプリツェ
てぷりつぇ
Teplice

チェコのボヘミア地方北西部の都市。ボヘミア北西のクルシネ・ホリ(エルツ山脈)山麓(さんろく)にある。人口5万1437(2001)。近郊に褐炭田のある工業都市。ガラス製品、機械、セメント、紙、繊維が主要な工業である。温泉のある保養都市としても知られ、19世紀には著名人が集まるヨーロッパのサロンとよばれた。保養に訪れたゲーテとベートーベンの遭遇地(1812)として著名である。1813年、ナポレオンに対抗するオーストリア、ロシア、プロイセンの連合条約であるテプリツェ条約が当地で結ばれた。[中田瑞穂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

テプリツェの関連キーワードマルティン フェニンエルツ山地中田瑞穂ゾイメ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android