コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テリトリー制 sales territory system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テリトリー制
テリトリーせい
territorial restriction

メーカーが流通業者の販売地域を指定する制度で,メーカー流通系列化の一手段。これによって流通業者の小売業者に向けた過度の競争を抑制し,流通機能を地域間で合理的に配置し,アフターサービスなどの必要サービス体制を確立できるなど,メーカーの流通の効率化が図れる。卸売段階では,家庭電器,化粧品,合成洗剤,小売段階では自動車,新聞などに見られる。テリトリー制には3つの形態がある。 (1) クローズド・テリトリーは,一定地域に一社しか流通業者を認めない場合であり,(2) オープン・テリトリーは,複数の流通業者を認める場合である。さらに (3) 営業拠点の設置場所を一定地域内に制限するロケーション制がある。特にクローズド・テリトリー制は,ブランド内競争を制限し,顧客制限効果が高いことから,独占禁止法では原則として違法とされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

テリトリー制の関連キーワードエチオピア(国)証券取引所

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android