コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流通系列化 りゅうつうけいれつか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

流通系列化
りゅうつうけいれつか

流通業者を自社のマーケティング活動に組み込み,そのことによって他メーカーに対する競争上の優位性を獲得しようとする方策の一つ。流通系列化には以下のものがある。 (1) 取引流通業者の選択と限定。そのために一手販売権やテリトリー制が用いられる。 (2) 取引流通業者の中立性の制限。自社製品の優先的販売努力を要請することから始まり,その極端が自社専属的流通になる。これは流通系列化の目的にもかかわる。 (3) (一店一) 帳合制による流通業者の各段階間の取引関係の制約。 (4) 抱合せ販売や全商品取扱強制による複数製品への拡張,である。流通業者に一手販売権やテリトリー制やリベート制などのメリットを与えつつ,排他的専属性・再販売価格維持などの系列化の実質を獲得する。系列化が垂直統合より選択される理由は,(1) 必要な投資が少なくて済むこと,(2) 在庫や売れ残りの市場リスクを流通業者と分け合えること,(3) 管理コストが少なくて済むことが考えられる。メーカーの段階では参入障壁として,流通段階では競争制限効果を持つという点から,独占禁止法での取扱が問題となることもある。最近ではメーカー自身においても,小売企業の大規模化・チェーン化の発展とともに,流通系列化の見直しが試みられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

流通用語辞典の解説

流通系列化

狭義にはチャネル・キャプテンによる流通過程への垂直的統合を意味するが、一般には、準垂直的統合を含む、ゆるい概念である。独占禁止法研究会の報告(昭和55年3月)では「流通系列化とは、製造業者が自己の商品の販売について、販売業者の協力を確保し、その販売について自己の政策が実現できるよう販売業者を掌握し、組織化するもの」と定義されている。流通系列化は、流通効率の増大取引費用提言など狙ったものである。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について | 情報

流通系列化の関連キーワード排他約款付き取引流通チャネル政策一手販売契約一店一帳合制販売会社専売店制狭義

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android