テルミット溶接(読み)テルミットようせつ(英語表記)thermit welding

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テルミット溶接
テルミットようせつ
thermit welding

テルミット法と同原理で,テルミットの酸化による高熱を利用して溶接する技術。次の2つの方法がある。 (1) 加圧溶接 接合材の突合せ部分にテルミット反応で生じた鉱滓と溶融金属を注ぎ込んで加熱したのち,強圧を加えて接合するもので,溶接鋼管の製造に用いられる。 (2) 溶融溶接 あらかじめ接合部を耐火材料で囲って鋳型とし,上方から懸垂したるつぼ内でテルミット反応 (3FeO+2Al→3Fe+ Al2O3 ,Fe2O3 +2Al→2Fe+ Al2O3 など) によって生じた融鉄と溶滓を注ぎ込んで溶接する。融鉄と接合材の組成を合せるため,テルミットにはあらかじめ合金成分および溶剤を加調しておく。レール,車軸などの溶接に用いられる。もともとテルミット法は長尺レール製造の目的で発明されたものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

テルミットようせつ【テルミット溶接】

酸化鉄粉末とアルミニウム粉末から成るテルミットを加熱すると、多量の熱が発生し、還元されて生じた鉄が溶融することを利用して、鋼材などを溶接する方法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のテルミット溶接の言及

【アルミニウム】より

…このような表面処理技術の発展も用途の拡大を促している。アルミニウム粉末と酸化鉄Fe2O3粉末の混合物(テルミットthermit)に点火するとアルミニウムが酸化され,酸化鉄は還元されて鉄になるが,この際に発する高熱は鉄の溶接(テルミット溶接)に利用される。アルミニウムのこの化学的活性は,クロム,マンガン,バナジウムなどの酸化物を還元して金属を得る冶金法(テルミット法)にも利用されている。…

【溶接】より

…このように溶接は古代から知られていた技術であるが,本格的に発達しだしたのは,電気エネルギーを容易に利用しうるようになってからのことである。アーク溶接,電気抵抗溶接はもとより,テルミット反応による発熱を利用したテルミット溶接,ガス溶接など,現在用いられているおもな溶接はほとんど19世紀の末期に発明されている。その後,漸次,改良の時代を経て溶接の利用度は増加していった。…

※「テルミット溶接」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android