コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テレオノミー teleonomy

翻訳|teleonomy

大辞林 第三版の解説

テレオノミー【teleonomy】

目的論説。生物の示す行動・生活史・発生過程・形態などさまざまな現象は、それぞれが特定の役割をもち、目は見るためにある、というように進化の過程でその役割を果たすのに都合のよいように形成されてきたとする考え方。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テレオノミー【teleonomy】

アリストテレス以来用いられてきた目的論teleologyという形而上的なことばに代わるものとしてピッテンドライC.S.Pittendrighによって提案されたことば(1958)。形態,生理過程,行動,生活史,発生過程など,生物の示すさまざまな現象それぞれ特定役割をもち,その役割を果たすように形成されている。このような現象に対して,物理科学の機械論的な説明は,どのようなメカニズムによってそうなっているかに答えるだけであって,なぜそうなっているかには答えてくれない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テレオノミーの関連キーワードアリストテレス考え方適応都合進化

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android