コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テロメア テロメアtelomere

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テロメア
telomere

染色体末端粒子。真核生物染色体の末端部分にみられる塩基配列の反復構造をいう。 TTAGGGの配列が哺乳類で数百回,ヒトの生殖細胞では約1万 5000~2万塩基対も繰返されている。テロメアは細胞分裂のたびに少しずつ短くなることから,染色体の複製に伴う損傷を防ぎ安定性を維持する働きをになう「あそび」の部分と考えられる。ヒトの細胞のテロメア配列は若年者のほうが高齢者の 1.5倍ほど長く,老化との関連も指摘されている。テロメアの減少を補い新しい配列を追加しているのはテロメラーゼという酵素で,培養実験で老化を遅らせる働きが確認された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

テロメア

染色体の末端にある染色体を保護する構造物。テロメアは細胞が分裂するたびに短くなっていく。ヒトの線維芽細胞を培養すると、およそ50回の分裂で増殖が止まってしまう。テロメアが短くなりすぎて、染色体を保護できなくなり、細胞が死ぬと考えられる。無限に分裂を繰り返すがん細胞や、生殖細胞などではテロメラーゼ(telomerase)という酵素があり、テロメアの短縮を防いでいる。一般に受精卵から成熟細胞になるにつれて、テロメラーゼの活性が低下していく。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

テロメア(telomere)

細胞の核にある染色体の末端領域のこと。単純な反復配列からなり、細胞分裂のたびに短くなり、細胞は50~60回しか分裂できない。反復数が次第に減少することが細胞老化に関係し、生体の老化との関連が示唆されている。また、テロメラーゼという酵素によって再び伸長される。末端小粒。→テロメラーゼセントロメア

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

テロメア

 真核生物の染色体の末端にある特有のDNA塩基配列で,末端に繰返し配列で存在.細胞が分裂すると100塩基対ほどが失われることから,細胞の分裂回数の指標とされる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

テロメア【telomere】

染色体の両端に見られる、一定の塩基配列の反復構造。染色体が無秩序に融合するのを防いでいると考えられる。細胞分裂にともない、次第に短くなる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

テロメアの関連キーワードブラックバーン(Elizabeth H. Blackburn アメリカの生物学者)グライダー(Carol W. Greider アメリカの生物学者)エリザベス・ヘレン ブラックバーンキャロル グライダージャック ショスタク電子書籍アワードブラックバーンプライマーエイジングショスタクグライダー老化理論巴山祐樹清水沙映ゾスタク胃癌

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テロメアの関連情報