テンニンチョウ(天人鳥)(読み)テンニンチョウ(英語表記)pin‐tailed whydah

世界大百科事典 第2版の解説

テンニンチョウ【テンニンチョウ(天人鳥) pin‐tailed whydah】

スズメ目ハタオリドリ科の鳥(イラスト)。全長約12cm,生殖羽の雄の尾羽を含めた全長は約32cm。雌雄異色。雄の生殖羽は頭上と背から尾までが黒く,後頸(こうけい),顔,腹は白く,翼に白い大斑がある。くちばしが赤い。特異なのは長い尾で,中央の4枚が伸長して16~20cmにもなる。雄の非生殖羽と雌は黄褐色で,暗色の斑点が散在している。サハラ以南のアフリカに広く分布し,サバンナや農耕地にすむ。食物は種子食である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android