コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テーナイト taenite

世界大百科事典 第2版の解説

テーナイト【taenite】

鉄隕石を構成するニッケル‐鉄合金のうち,Ni含有量30~60%の金属相に相当し,冶金学的にはγ相の鉄(面心立方格子)にあたる。鉄隕石のほかに石質隕石,石鉄隕石中にも存在するが,強い還元状態で晶出したものと考えられる。モース硬度5で,へき開なし。鋼灰~灰白色,不透明,研磨面では白色。等方性。反射多色性,異方性ともになく,(111)の双晶存在。オクタヘドライト中に見られるウィドマンシュテッテン構造中では薄層をなして存在する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

テーナイトの関連キーワードウィドマンシュテッテン模様ロンズデール石

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android