コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テーパー テーパー taper

翻訳|taper

3件 の用語解説(テーパーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

テーパー(taper)

相対する面が対称的に傾斜している円錐状の部分。また、円錐のように、先細りの形になっていること。「テーパーねじ」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

テーパー【taper】

円錐状に先細りになっていること。また、その先細りの勾配こうばい

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テーパー
てーぱー
taper

細長い物の径、幅、厚みが長さに比例して先細りになっていることで、その両側の側面の角度は同一になる。たとえば、100分の1のテーパーであれば、100ミリメートルあたりに直径、幅、厚みが1ミリメートル小さくなり、この時の片側の傾きは、200分の1となる。この片側の傾きのことを勾配(こうばい)とよぶ。つまり、勾配は、物体の片側にどの程度の角度がついているかであり、反対側の角度とは、無関係に、その面の傾斜角度の大きさを表していることになる。軸などでは、ある部分からその直径がしだいに小さくなっているようなとき、テーパーがついているという。先細(さきぼそ)にしたねじはテーパーねじ、先細のリーマーはテーパーリーマー、先細のピンはテーパーピンという。このようなテーパーは、2要素を結合する際の両者の芯出し(二つ以上の軸部品を結合する際、それぞれの回転軸芯の位置があうよう、軸の位置を調整する作業。心出しとも表記する)、位置決め、結合力の保持などの目的で、機械部品に設けられる。[中山秀太郎・清水伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テーパーの関連キーワードケスタ錐状体マッハ波鎌尾根斜辺肺尖円錐状岩床環状岩脈狭窄用蹄鉄 (contraction shoe)自開蹄鉄 (beveled-edge shoe)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テーパーの関連情報