ディア・アート・センター(読み)でぃああーとせんたー(英語表記)Dia Center for the Arts

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカ、ニューヨークにあるアート・センター。1974年、石油会社の財産を相続したフィリッパ・デ・メニルPhilippa de Menilとその夫ハイナー・フリードリヒHeiner Friedrichによって設立された。「ディア」とは、ギリシア語の「を通して」という意味である。設立当初から1984年まではデ・メニル家が運営していたが、その後、理事や経営陣が交替して創始者とは直接関係のない組織が運営を行う。
 ほかの美術館では扱いにくかったアースワーク作品などへの助成や資料の収集を積極的に行ってきたことが同センターの特徴である。たとえば1979年、テキサス州マルファのラッセル基地にあった1940年代に放棄された建物をドナルド・ジャドと共同購入し、展示施設へと改修した。この施設は1986年以降は、チナティ財団が運営しているが、助成は継続。また、ニュー・メキシコ州チマド近郊にあるウォルター・デ・マリアWalter De Maria(1935―2013)のアースワーク作品『閃光の場』(1977)の助成・管理や、アリゾナ州フラッグスタッフ北東でのジェームズ・タレルの『ローデン・クレーター』プロジェクト(1979~ )への助成を行う。そのほかにも、ニューヨーク市ソーホー地区に、デ・マリアのインスタレーション作品『アース・ルーム』(1977)と『ブロークン・キロメートル』(1979)を常設で展示する二つのスペースをもつ。
 1987年、ニューヨーク市マンハッタン区のチェルシー地区にあるかつて工場だった4階建ての建物を建築家リチャード・グラックマンRichard Gluckman(1947― )が改装し、本部ならびに展示空間「ディア・チェルシー」とした。それ以降展示はこの建物を使って行われ、作品は空間に合わせたインスタレーションであること、展示期間は9か月間という長期間であることを特徴とする。
 1998年、本部のある建物の向かいに新館を開設。2003年5月にはコレクションを展示するため、ニューヨーク州ビーコン市のハドソン川沿いに、1929年に建てられた巨大な印刷工場を改修して、別館「ディア・ビーコン」を開館した。
 コレクションには、ヨーゼフ・ボイス、画家イミ・クネーベルImi Knoebel(1940― )、サイ・トゥオンブリCy Twombly(1928―2011)、リチャード・セラ、版画家ブリンキー・パレルモBlinky Palermo(1943―1977)など1960年代以降の重要な作家の作品が含まれ、1999年、アースワークの代表的作品ともいえるロバート・スミッソンの『螺旋(らせん)形の突堤』(1970)が寄贈され、ディア・アート・センターの所有となった。
 その他、1987年以降ハル・フォスターHal Foster(1955― )をオーガナイザーとしてさまざまな文化事業を批判的に議論するシンポジウムを開催し、記録を出版したり、1995年以降アーティストがウェブ上に作品を制作するウェブ・プロジェクトを行ったりしている。[鷲田めるろ]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android