コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディオール Dior, Christian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディオール
Dior, Christian

[生]1905.1.21. グランビル
[没]1957.10.24. モンテカティーニ
フランスの服飾デザイナー。 1946年クチュリエとして独立以来,死没まで服飾界の第一人者として活躍し,パリモードを世界の女性服の規範とするのに貢献した。第2次世界大戦直後クチュールハウスを開店。 47年長いスカートとウエストを強調した優美なシルエットを発表し,ニュールックの名で世界的な流行を生んだ。以降 53年チューリップ・ライン,54年HラインAライン,56年アローラインなどの変化に富んだスタイルを創作し,いわゆるアルファベットライン時代を築き,56年にはレジオン・ドヌール勲章を授与された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ディオール(Christian Dior)

[1905~1957]フランスの服飾デザイナー。1947年にニュールックを発表、以後10年間、世界のモード界を支配した。Hライン・Aライン・Yラインなどのデザインは有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ディオール

フランスの服飾デザイナー。ノルマンディー生れ。1947年長いフレアースカートをとり入れた〈ニュー・ルック〉を発表して有名になり,以後次々と新作を発表し服飾界をリードした。
→関連項目オートクチュールカルダンサン・ローランモエ・ヘネシー・ルイ・ビトン[会社]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ディオール【Christian Dior】

1905‐57
フランスのファッション・デザイナー。ノルマンディーのグランビルに生まれ,1910年に両親とパリに移住した。青春時代は芸術家の仲間に入って長い放浪時代を送り,栄養失調で倒れたこともあったという。35年から服飾デザインを始めたが,第2次世界大戦が始まると田舎にこもりインゲンマメをつくっていた。やがてパリにもどってデザイナーとして働き,46年に自分の店をもった。47年に発表した〈ニュー・ルック〉は世界的なニュースとなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ディオール【Christian Dior】

1905~1957) フランスの服飾デザイナー。 H ライン・ A ライン・ Y ラインなど独創的なデザインを発表。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディオール
でぃおーる
Christian Dior
(1905―1957)

フランスの服飾デザイナー。ノルマンディーのグランビルに生まれる。初め外交官を志したが、1930年代初めは画廊を経営。その後、服飾デザイナーとして出発、ロベール・ピゲ店、ルシアン・ルロン店で働く。1946年、フランスの繊維王マルセル・ブサックの後援で独立し、アベニュー・モンテーニュに店を構える。47年2月、第二次世界大戦中の厳しい衣料統制によるモードの反動として、きわめて女性的な、たっぷりと布地を使ったロングスカートの「ニュー・ルック」を発表すると、これはたちまちにして世界を風靡(ふうび)した。以後、Hライン、Aライン、Yラインなど話題作を発表。また彼は、スカーフ、靴下、ネクタイなどにオートクチュールの名をつけるライセンス・ビジネスの先鞭(せんべん)をつけ、オートクチュールを巨大企業に発展させた。同店は、89~96年ジャン・フランコ・フェレ、96年から、ジョン・ガリアーノによって受け継がれている。[深井晃子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ディオールの関連キーワードサン・ローラン(Yves Saintフォーエバー・アンド・エバーフランソワーズ・モレシャンオフ・ザ・ショルダーカラーユベール・ド ジバンシーミス・ディオール・シェリエマニュエル プラットクリスチャンディオールイヴ サン・ローランユベール ジバンシーヴァレリー ハーマンベルナール アルノーシドニー トレダノジョン ガリアーノピエール カルダンミス・ディオールオー・ソバージュディオリッシモホン ウンジュビバリーヒルズ

ディオールの関連情報