デイノニクス(英語表記)Deinonychus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デイノニクス
Deinonychus

爬虫類竜盤目獣脚亜目ドロマエオサウルス科の肉食恐竜。白亜紀前期,北アメリカに生息した。属名は「恐ろしい爪」の意味。モンタナ州で数体が発見された。体長3~4mで,ドロマエオサウルスベロキラプトルのような類縁属よりは大型。頭骨は軽く,肉食の歯は大きく後方に曲っていた。足の第2指には大きな鎌のような鋭い爪があり,これで他の恐竜を攻撃した。攻撃時は一本足で立ち,長い棒のように固く支持された尾でバランスを保ったらしい。走るときには大きな爪を後方にそらし,他の指を地面につけていたと思われる。体長 7m以上の鳥脚類テノントサウルスとともに5体の化石が発見され,この群れが大きな草食恐竜を襲うさまを想像する学者もいる。デイノニクスの骨格の特徴から活発な捕食者としての生活が想像されるが,これが恐竜温血説を強く示唆するとの意見もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

デイノニクス(Deinonychus)

竜盤目獣脚亜目の恐竜の一。中生代白亜紀前期、北アメリカに生息。全長3~4メートル、体重60キロ前後。二足歩行で、四肢に大きく鋭い鉤爪(かぎづめ)をもち、羽毛に覆われていたとされる。肉食性。高速で走ることができ、群れで狩りを行ったと考えられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android