コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デカブリスト広場 デカブリストヒロバ

2件 の用語解説(デカブリスト広場の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

デカブリスト‐ひろば【デカブリスト広場】

Ploshchad' DekabristovПлощадь Декабристов》ロシア連邦北西部、レニングラード州の都市サンクトペテルブルグにある元老院広場の通称。1825年12月にデカブリストの乱を起こして処刑や流刑にされた青年貴族たちを記念し、ロシア革命後に命名。2008年に元の名称に戻されたが、現在もデカブリスト広場の名で呼ばれることが多い。中央にフランスの彫刻家エティエンヌモーリス=ファルコネによるピョートル1世像「青銅の騎士」がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

デカブリストひろば【デカブリスト広場】

ロシア第2の都市サンクトペテルブルグにある広場。◇1825年12月、この広場でロマノフ王朝の圧政に苦しむ人民を助けるために若い青年貴族が蜂起した。この蜂起は、ロシア語で12月を「デカーブリ」ということから「デカブリストの乱」といわれた。1917年の革命後、ロマノフ王朝に最初に反旗を翻した記念すべき場所として、現在の名称で呼ばれるようになった。18世紀までは「元老院広場」と呼ばれ、エカテリーナ2世が1782年に建立したピョートル大帝の巨大な銅像がある。現在は、旧元老院や旧海軍省、聖イサク寺院、ネヴァ川に囲まれ、クラシカルで緑豊かな広場として地元の人の憩いの場となっている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デカブリスト広場の関連キーワードペテルブルグサンクトペテルブルグサンクトペテルブルクペトログラード芸術広場サンクトペテルブルグ要塞Царское Селоペテルスブルクサンクトペテルブルク交響楽団サンクト・ペテルブルグ大学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone