コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デザイン・イン design-in

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デザイン・イン
design-in

メーカーが自社取引先部品メーカーなどと製品開発の段階から共同して連携開発していくこと。開発の詳細が早い段階から把握でき,また共同作業を通じて大きな問題点などは事前に解決できるなどこまやかな対応をとることが可能であるため,製品開発が効率化され生産性向上するとともに,より機能的な高品質の製品を開発できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

デザイン・イン

部品メーカーなどが納入先の組立てメーカーの設計段階から参加して,共同で開発を行う製品開発方法。特に日本の自動車産業が有名。開発期間の短縮,製品性能の向上などにつながる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デザイン・インの関連キーワードサプライヤー・システムホセイン アマーナト近藤詩草根ハートの日

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android