コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル著作権管理 でじたるちょさくけんかんりDigital Rights Management

知恵蔵の解説

デジタル著作権管理

デジタルデータの著作権を保護するための技術の総称。利用を制御し、複製を制限するなどの目的のために考案された。DRM( Digital Rights Management)と略称される。
画像や映像、音楽などのデジタルコンテンツは、コピーを重ねても劣化しないことが利点であるが、反面、不法コピーでもオリジナルと変わらない品質が保持されるため、コンテンツメーカーの死活問題にもつながりかねない。インターネットの普及やUSBメモリーや光学メディアなど外部機器の大容量対応化の流れが安直なコピーを後押しする材料となってきた。DRMはこのような不法利用の制限を効果的に行うものである。
コンテンツの配布側、再生側双方がDRM対応のハードウエアやソフトウエアを使用することで、著作権に違反したコンテンツの流通を防止できる。携帯音楽プレーヤーやメモリーカードなどに物理的に組みこまれる場合もあるし、Windows Media DRMやiTune Music Storeが導入しているFairPlayなどのように暗号鍵と、それを利用した複合的なシステムを使ったものも存在する。
DRM対応のコンテンツは提供者側が推奨する特定の環境に依存するため、ユーザーの自由な利用を制限するという問題点もある。Linux環境ではDRM対応の音楽コンテンツはほんとど利用できないなどはこの一例だ。また、OSのバージョンアップや再生機器の追加や変更などの場合には、ユーザーは注意深く対応しないと購入したコンテンツを失ってしまう場合もある。コンテンツ提供者側の撤退や大幅なシステム変更も皆無とは言えないため、ユーザーの恒久的なコンテンツ利用が保証されるかどうかも疑問視されている。さらに、著作権法で認められている抜粋や譲渡などの行為がほとんどのDRM対応のコンテンツでは制限されてしまう。
現状のDRMには、制限や問題はあるものの、よりスマートでセキュアな環境への研究と模索が常に行われている分野でもある。

(佐橋慶信  ライター / 2010年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

デジタル著作権管理

DRM」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

デジタルちょさくけんかんり【デジタル著作権管理】

DRM

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デジタル著作権管理
デジタルちょさくけんかんり
Digital Rights Management; DRM

映像や音楽などのデジタルコンテンツを暗号化するなどし,その使用や複製を制限する著作権保護技術。アナログ放送と違い,地上波などのデジタル放送では録画した番組を複製したり長距離で送信したりしても原理的には画質が劣化しない。このため,著作権管理の規格として記録メディア用著作権保護機能 CPRM; Content Protection for Recordable Mediaが採用されている。日本では著作権の保護レベルにより,磁気ディスクから CPRM対応の DVDなどのメディアに 1回だけムーブ(移し替え)するコピーワンスと,コピーを 9回とムーブを 1回することができるダビング10(ダビングテン)が使い分けられている。CPRM対応機器でなければ再生はできず,複製したものからの再複製はできない。また外付け磁気ディスクに保存したデータは,録画時に使用したテレビジョンやレコーダ以外では再生できなかったが,大手家電メーカーが共同で開発したコンテンツ保護技術,シーキューボルト SeeQVaultにより,同一メーカーの対応機種同士間でデータを引き継げる外付け磁気ディスクも登場している。(→著作権

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デジタル著作権管理
でじたるちょさくけんかんり

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

デジタル著作権管理

コンピュータとネットワークの技術を用いて著作権を管理すること.電子的著作物の著作権管理と,非電子的著作物の電子的な著作権管理の両者を含むが,前者を指すことが多い.技術としては,〈1〉著作権情報や著作物の使用条件を電子的に提示・蓄積・検索する技術,〈2〉著作物の使用許諾をオンラインで行う技術,〈3〉著作物の不正利用を事前に防止する技術,〈4〉著作物の不正利用をオンラインで監視,追跡する技術などを含む.電子的著作物では,電子透かしなど電磁信号埋込み技術が用いられる.これらの技術により,図書館での電子的著作物の長期的利用が阻害される可能性が懸念されている.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

デジタル著作権管理の関連キーワードWindows Media PlayerWindows Media Videoデジタルミレニアム著作権法SilverlightMiracastBソーシャルDRMDRMフリーEPUB 3ナップスターネットMD電子納本WMAWMV

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android