コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デタイユ デタイユDetaille, (Jean-Baptiste-) Édouard

1件 の用語解説(デタイユの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デタイユ
Detaille, (Jean-Baptiste-) Édouard

[生]1848.10.5. パリ
[没]1912.12.23. パリ
フランスの戦争・歴史画家。 J.メソニエの弟子。 1867年サロンデビュー,翌年のサロンに戦争画を初出品。軍服や武器を忠実に描写した。普仏戦争テーマとした『シャンピニの防衛』 (1879) などの作品は特に有名。 1905年パリのパンテオンのアプスに壁画を描く。 1895~98年ラ・ソシエテ・デ・ザルティスト・フランセの会長。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デタイユの関連キーワード常用漢字新常用漢字表日野ルノー PA型PD6(T)型直6下垂体競技場長門(市)三月革命ウィーン蜂起カモラ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デタイユの関連情報