コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デターディング デターディング Deterding, Sir Henri Wilhelm August

3件 の用語解説(デターディングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デターディング
デターディング
Deterding, Sir Henri Wilhelm August

[生]1866.4.19. オランダアムステルダム
[没]1939.2.4. スイスザンクトモリッツ
オランダの石油王。1896年にロイヤルダッチペトロリアムに入社し,1902年には総支配人として頭角を現した。翌 1903年ロスチャイルド家から資本を導入することを計画し,イギリスシェルトランスポートアンドトレーディングとともにアジア・ペトロリアムを設立して石油販売トラストを結成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

デターディング【Henri Wilhelm August Deterding】

1866‐1939
オランダ生れのイギリスの実業家。国際石油トラスト,ロイヤル・ダッチ・シェル・グループの育成者。オランダ貿易金融会社の社員としてペナンに駐在していたが,ロイヤル・ダッチ・ペトロリアム社のケスラー社長に手腕をかわれ,1896年同社へ移り,1900年同氏病没後,社長に就任。アメリカスタンダードオイル社のアジア市場進出に対抗するため,02年,ロイヤル・ダッチ,シェル運輸貿易,ロスチャイルド3者の出資によるアジア・オイル社を設立し,その社長となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デターディング
でたーでぃんぐ
Sir Henri Wilhelm August Deterding
(1866―1939)

オランダに生まれイギリスに帰化した実業家。自らの経歴に似たオランダ、イギリスの両国にまたがる多国籍企業、ロイヤル・ダッチ・シェル・グループの創設者として有名。オランダの貿易企業に入り、東南アジアの駐在員として同地の産油事業を知ったのちロイヤル・ダッチ・ペトロリウムに移った。1900年社長に就任、当時世界市場をその支配下に収めようとしていたスタンダード石油に対抗するため、共通の立場にあったイギリスの石油企業、シェル・トランスポートの社長、マーカス・サミュエルやロスチャイルド家と談合し、03年アジアティック石油会社を、4年後には前述の多国籍企業を創設、その経営にあたった。その後市場の拡大を求めて各地に進出するが、油田施設を接収された腹いせから反ソ的となり、ナチスの台頭とともに、その支持者となったことでも知られる。1902年ナイトに叙せられた。[小林袈裟治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のデターディングの言及

【石油産業】より

…この両社は1907年に提携し,イギリスとオランダ資本による国際的大石油会社グループ,ロイヤル・ダッチ・シェル・グループ(以下シェルと略す)が成立した。その発展を担った総帥がケスラーの後継者H.デターディングであった。このようにして,20世紀初頭の世界の石油産業は,アメリカの石油資源に基盤をおくロックフェラーのスタンダード・オイル・グループと,東南アジアの石油資源に基盤をおくデターディングのシェル・グループという,二大国際石油資本によって形成されたのである。…

【ロイヤル・ダッチ・シェル・グループ】より

…その際オランダに採掘,精製を主とするバタビア・ペトロリアム社De Bataafsch Petroleum Maatschappijとイギリスでの輸送,販売を主とするアングロ・サクソン・ペトロリアムAnglo‐Saxon Petroleum Co.が設立された。 シェルはH.W.A.デターディング(1896年以来ロイヤル・ダッチ・ペトロリアム社の経営陣の一人)の経営のもとで,東南アジア,メキシコ,ルーマニア,ロシアなどで利権を握り,石油開発を行った。第2次大戦後はベネズエラ,中東を中心に産油量が増加し,アメリカ,北海にも油田を保有している。…

※「デターディング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デターディングの関連キーワードアンボン事件ティンバーゲンビーバーブルック国際石油開発帝石イギリスオランダ戦争オラニエナッサウ家オランダ菖蒲イギリス・オランダ戦争PEMEX《生れの正しいイギリス人》

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone