コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デトリング Detring,Gustaf

1件 の用語解説(デトリングの意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

デトリング

没年:1913(1913)
生年:1842
清国のお雇い外国人,ドイツ人。「デットリング」とも。長年,清国海関に勤務し,天津海関税務司として,総税務司サー・ロバートハートに次ぐ地位にあり,1884年清仏戦争の際,紛争解決に関する仏側の申し出を李鴻章に伝えた。1894年日清戦争の際,北洋陸軍が1894年9月16日,朝鮮国平壌で,また翌17日,李鴻章の股肱の北洋海軍が鴨緑江沖で壊滅すると,李は即座に講和開始のため,デトリングの日本派遣を上奏し,帝の裁可を得た。しかし清国政府の任命した全権委員ではなく,国書や全権委任状の類を持たず,単に李から伊藤博文首相宛の書簡を携帯したにすぎなかった。同年11月26日神戸に入港,兵庫県知事周布公平を訪問したが,伊藤首相は陸奥宗光外相の意見も参酌の結果,デトリングを正当な使節とは認めなかったので,デトリングは目的を達せず29日帰国。1913年天津で死去。<参考文献>田保橋潔『日清戦役外交史の研究』,陸奥宗光『蹇蹇録』,春畝公追頌会編『伊藤博文伝』中・下,伊藤博文編『秘書類纂雑纂』Ⅱ

(河村一夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

デトリングの関連キーワード光の科学史科学史ダグラス柳亭種彦アフガン戦争アヘン戦争広東十三行紀行文学バルカン戦争ケレップ水制群

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デトリングの関連情報