蹇蹇録(読み)けんけんろく

日本大百科全書(ニッポニカ)「蹇蹇録」の解説

蹇蹇録
けんけんろく

陸奥宗光(むつむねみつ)著の日清(にっしん)戦争外交秘録。外務大臣として日清戦争外交の衝にあたった陸奥は、戦後、まず『露独仏三国干渉要概』を執筆、さらに病臥(びょうが)、神奈川県大磯(おおいそ)に静養中、「東学党の乱」から「露、独、仏三国の干渉」まで21章に及ぶ日清戦争全過程の外交政略概要を起草、1896年(明治29)外務省で印刷。1929年(昭和4)公刊されるまで秘本とした。「蹇蹇」とは『易経(えききょう)』蹇卦(けんか)からとられた文字で、困難に屈せず君に忠貞であることをいう。国会図書館憲政資料室「陸奥宗光関係文書」には、墨書草稿、鼇頭(ごうとう)書込原本などがある。

中塚 明]

『陸奥宗光著『蹇蹇録』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「蹇蹇録」の解説

けんけんろく【蹇蹇録】

外交記録。陸奥宗光著。明治二八年(一八九五成立。明治二七年六月の朝鮮東学党の乱から、日清戦争、下関講和条約批准、三国干渉、遼東半島還付に至るまでの経緯を、外務大臣の職にあった著者立場から述べたもの。書名は「蹇蹇匪躬(けんけんひきゅう)」による。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「蹇蹇録」の解説

蹇蹇録
けんけんろく

明治中期,外務大臣として日清戦争前後の外交の衝にあたった陸奥宗光の回顧録
甲午農民戦争日英通商航海条約改正,三国干渉,下関条約などについて詳細に記録されている。当時の外交を知るための貴重な史料

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「蹇蹇録」の解説

けんけんろく【蹇蹇録】

陸奥(むつ)宗光著書。1895年10月,療養中の大磯で速記者に口述し,そののち推敲したものであるが,外務省の機密文書を引用した外交秘録であることから,当時一般に流布されることなく,秘密出版として少部数が作られた。1929年陸奥広吉の編集した《伯爵陸奥宗光遺稿》に外務当局の許可を得て収録され,33年岩波文庫に所収された。その内容は,1894年の朝鮮東学党の乱(甲午農民戦争)を利用した軍隊の派遣,日清両国の外交交渉,朝鮮内政改革,欧米各国との交渉,日英条約改正の成功,日清講和の経緯,三国干渉など21章からなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android