コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デメトリオス2世 デメトリオスにせいDēmētrios II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デメトリオス2世
デメトリオスにせい
Dēmētrios II

[生]前276頃
[没]前229
マケドニア王 (在位前 239~229) 。アンチゴノス2世の子。まだ少年の前 263年頃エピルスアレクサンドロスを倒して勇名をとどろかせたが,前 239~238年アイトリア同盟とアカイアの連合軍と戦って苦戦。エピルスの反乱に苦しみ,北方に侵入したダルダニ族と戦って戦死した。以後マケドニア王国は衰退。

デメトリオス2世
デメトリオスにせい
Dēmētrios II Nikatōr

[生]?
[没]前125. テュロス
セレウコス朝シリアの王 (在位前 145~139,前 129~125) 。デメトリオス1世の子で勝利王 (ニカトール) と呼ばれた。父の戦死後,一時亡命していたが,前 145年にアレクサンドロス・バラスの軍を破り即位。しかし前 139年にパルティア軍の捕虜となり,10年間幽閉された。前 129年に解放されてシリアに帰り,再び王位についたが,その支配権は以前に比べて弱体化した。前 125年にアレクサンドロス・ゼビナスによって地位を追われ,テュロスに逃れたが,そこで殺害された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デメトリオス2世の関連キーワードアンティオコス[7世]アンティゴノス(3世)ミトリダテス[1世]フィリッポス5世ミトラダテス1世アンチオコス8世デメトリオス3世デメトリオスマカベア戦争

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android