コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・ラ・クルス デ・ラ・クルスDe la Cruz, Apolinario

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デ・ラ・クルス
De la Cruz, Apolinario

[生]1815. ルソン,タヤバス
[没]1841
フィリピンのキリスト教の教団組織者,反スペイン蜂起指導者。独学で聖書を読み,カトリックの修道会に入ろうとしたが,先住民であるため入会を拒絶された。そのため先住民の「サン・ホセ信徒団」を組織し,その勢力は急速に広まった。カトリック教会はこれを正式団体として認めないうえに種々迫害を加えたので,信徒団は 1840年に蜂起した。最初は優勢であったが,まもなく弾圧され,デ・ラ・クルスは敗死した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デ・ラ・クルスの関連キーワードクルス(San Juan de la Cruz)ラテンアメリカ文学ホセ・F. ラカバヨハネ[十字架の]ヨハネ(十字架の)コロルム講の反乱A. ユパンキスペイン文学11月12日テネリフェ島6月24日3月28日バラグタスユパンキコロルム

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デ・ラ・クルスの関連情報