コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・レオン De Leon, Daniel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デ・レオン
De Leon, Daniel

[生]1852.12.14. ベネズエラキュラソー
[没]1914.5.11. ニューヨーク
アメリカの社会主義者,労働運動家。オランダ系ユダヤ人 (あるいはスペイン系アメリカ人) の一家に生れ,ドイツ,オランダで教育を受ける。 1872年ニューヨークに渡り,キューバ独立運動の新聞編集に協力。コロンビア大学で教職についたが,急進思想のため追放された。 89年社会主義労働党に加入しマルクス主義者となる。マルクス派,ラサール派の対立を統一し,雄弁な指導的活動家として活躍したが,教条主義的一面をもったため,人民党や S.ゴンパーズのアメリカ労働総同盟などの革新的諸潮流からは孤立した。 1905年社会党の E.デブズらと世界産業労働者同盟 IWWの結成に参加。死後レーニンから最高の賛辞を寄せられたといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デ・レオンの関連キーワードプエルトホルヘ サルミエントスジョニー ゴンザレス世界産業別労働者組合セントオーガスティンジェリー ペニャロサドライトートゥガスサンフアン大聖堂東南アジアの映画プエルト・リコグアテマラ革命アメリカ社会党マルクス主義者12月14日サクサワマンスペイン文学インカ文化グアテマラフロリダ州イグエイ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android