コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

データベースマーケティング でーたべーすまーけてぃんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

データベースマーケティング

さまざまな顧客情報をデータベースに蓄積して利用するマーケティング手法。蓄積したデータを分析することで、顧客のニーズに合った商品やきめ細かなサービスを提供する。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

マーケティング用語集の解説

データベースマーケティング

One To Oneマーケティングを実現するために顧客(見込み客)情報と趣味や好みなどをデータベースに管理し、このデータベースの内容に基づいて絞り込んだ顧客(見込み客)に効果がありそうな製品、サービスのパンフレットや広告を送り、その結果をデータベースに反映させ、検証した結果を次のプロモーションプログラムで活かす手法。

出典 マーケティングキャンパスマーケティング用語集について 情報

データベースマーケティングの関連キーワードERM(Employee Relationship Management)フリークエント・ショッパー・プログラムOne to Oneマーケティングリレーションシップ・マーケティングリードデータオプティマイゼーションDM(ダイレクト・メール広告)データベース・マーケティングリテンション・マーケティングパーチェイス・ヒストリーリスト・クリーニングディー・ビー・エムジャンク・メールエイド分析FSP

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android