コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

データベース・マーケティング でーたべーすまーけてぃんぐ database marketing

2件 の用語解説(データベース・マーケティングの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

データベース・マーケティング

顧客及び見込み顧客に関するデータを収集・蓄積・分析・活用することによって行われるマーケティングデータベースとは、様々なデータをコンピューターで整理して利用できる状態にしたもので、顧客の基本情報から過去の購買履歴まで様々なデータが蓄積されている。なお、顧客データなどを長期間そのままデータベースに保管し、様々な分析ができるようにしたものを特にデータウエアハウスと呼ぶ。またそこから有用な情報を各種の統計的手法を用いて導き出す(掘り当てる)ことを、データ・マイニングという。データベース・マーケティングの適用事例は、ホテル・銀行・小売業・航空会社等のサービス業に多い。

(高橋郁夫 慶應義塾大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

DBM用語辞典の解説

データベース・マーケティング【database marketing】

顧客マーケティング。顧客の購買履歴をデータベースに書込、その購買履歴を分析しながら、販売する製品やサービスに反応しそうな顧客を抽出し、効率的なマーケティングの実現を目標として搭乗したマーケティング手法。従来のマス・マーケティングに対立する考え方でもある。具体的には、データベースに蓄積された顧客の属性や購買ヒストリーを活用して、顧客のニーズおよび興味を探り、そのニーズや興味に合わせてダイレクトに顧客へアプローチするマーケティング。多角的な計画、分析、測定が可能。最近ではダイレクトマーケティングと区別して顧客との関係強化(「リレーションシップ・マーケティング」参照)のためのマーケティングといわれる。目的はただ一つ、ライフタイム・バリューの最大化にある。データベースに蓄えられたデータをベースにマーケティングを行うものであり、その仕組みを準備できなければデータベース・マーケティングは実施できない。どのようなシステムを構築し、どのようなデータを蓄え、どのようにデータを分析するかの経験と知識がなければ、成功は難しい

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

データベース・マーケティングの関連キーワードリコメンデーション地域別マーケティング関係性マーケティングダイレクト・メール・マーケティングコンテクスト・マーケティングワン・トゥ・ワン マーケティングクロス・セリングマーケティング・インフォメーション・システムダイアローグ・マーケティングOne to Oneマーケティング

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

データベース・マーケティングの関連情報