デービッド グロス(英語表記)David Gross

現代外国人名録2016の解説

デービッド グロス
David Gross

職業・肩書
物理学者 元カリフォルニア大学サンタバーバラ校カブリ理論物理学研究所所長

国籍
米国

生年月日
1941年2月19日

出生地
ワシントンD.C.

本名
Gross,David Jonathan

専門
素粒子

学歴
ヘブライ大学(イスラエル)卒,カリフォルニア大学バークレー校

学位
博士号(カリフォルニア大学バークレー校)

資格
米国芸術科学アカデミー会員〔1985年〕, 米国科学アカデミー会員〔1986年〕

受賞
ノーベル物理学賞〔2004年〕,ディラック・メダル〔1988年〕,フランス科学アカデミー最高金賞〔2004年〕

経歴
ユダヤ系。CERN客員教授を経て、1969年プリンストン大学助教授、’71年準教授、’73年より教授、’97年名誉教授。’97年よりカリフォルニア大学サンタバーバラ校カブリ理論物理学研究所所長(〜2012年)・教授。1973年物質を形作る究極の基本粒子“クオーク”同士の間に働く強い力を理論的に解析。近づくほど結合力が弱まる一方、離れるほど強く引き合う“漸近的自由”という性質があることを発見。この成果がクオーク間に働く力を説明する“量子色力学”を生み、物質の成り立ちを説明する素粒子の標準理論の確立につながった。2004年これらの業績により、カリフォルニア工科大学デービッド・ポリツァー教授、マサチューセッツ工科大学のフランク・ウィルチェック教授とともにノーベル物理学賞を受賞。万物を形づくる究極の素は粒子ではなく“ひも”であるという“超ひも理論”の提唱者の一人。1991年相対論の国際学術会議に参加のため来日。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android