コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥアプセ Tuapse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥアプセ
Tuapse

ロシア南西部,北カフカスクラスノダール地方の都市。クラスノダールの南約 100km,黒海に面する港湾都市。 1828年につくられた要塞の周辺に 38年建設された。 20世紀になって船舶修理の中心地として発展。またグロズヌイなど北カフカスの油田からパイプラインが引かれ,石油精製が盛ん。ほかに食品,機械 (製油設備) などの工業がある。海浜保養地ともなっている。黒海に沿う鉄道とハイウェーが通る。人口6万 3800 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥアプセ
とぅあぷせ
Туапсе Tuapse

ロシア連邦南西部、クラスノダール地方の都市。人口6万7500(2003推計)。黒海北東岸に面する港市で、ロストフ・ナ・ドヌーからソチ、トビリシなどへ通ずる鉄道に沿い、背後はカフカス山脈の西端にあたる山地である。冬暖かく、保養地としても知られる。石油精製、機械組立て、船舶修理、製靴、食品などの工場がある。港からは石油製品を積み出し、観光・保養客が出入りする。1853年城砦(じょうさい)として創設された。[渡辺一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トゥアプセの関連キーワードアルマビルラビンスク渡辺一夫マイコプ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android