コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥドゥック帝廟 トゥドゥックていびょう

2件 の用語解説(トゥドゥック帝廟の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

トゥドゥックていびょう【トゥドゥック帝廟】

ベトナム中部の古都フエ(Hue)の郊外にある、トゥドゥック帝の墓所。トゥドゥック帝は、1848年から35年間にわたって在位した、阮朝(グエン朝)の第4代皇帝。生前に別荘として使用していた建物を、1864~1867年まで3年の歳月をかけて廟とした。この廟の近くに、かつてトゥドゥック帝が涼を求めて滞在し釣りを楽しんだ、蓮池と木造の釣殿が残っている。池の左側の階段を登ると皇帝を祀る寺院があり、その奥に皇帝の墓がある。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

トゥドゥックてい‐びょう〔‐ベウ〕【トゥドゥック帝廟】

Lang Tu Duc》ベトナム中部の都市フエにある霊廟。市街中心部の南約5キロメートルに位置する。1860年代に阮朝第4代皇帝トゥドック(嗣徳)の離宮として建造。大きな蓮池に面して中国風の建物が建ち、長期滞在に利用されたとされる。皇帝の石碑、および石棺がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

トゥドゥック帝廟の関連キーワード色の三属性HSBHSLイワノリフエ条約カイディン帝廟阮朝王宮ティエンム寺ドンバ市場カブトゴケ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone