コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥホルスキー トゥホルスキーTucholsky, Kurt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥホルスキー
Tucholsky, Kurt

[生]1890.1.9. ベルリン
[没]1935.12.21. エーテボリ近郊
ドイツの小説家,評論家。富裕なユダヤ人商家に生れ,なに不自由ない少年時代を過した。ワイマール共和国時代の代表的論客として,あらゆる偽善,軍国主義,特にナチズムに痛烈な批判を浴びせた。 1929年スウェーデンに亡命,33年国籍を剥奪され,異郷の地でみずから命を絶った。ユーモアエスプリにあふれた数多くの作品は広く読まれ,恋人たちの愛の物語『グリプスホルム城』 Schloss Gripsholm (1931) は驚異的ロングセラーとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

トゥホルスキー

ドイツの作家,ジャーナリスト。合理的知性をもつ熱烈な平和主義者として,国粋主義や軍国主義,俗物根性を軽妙辛辣(しんらつ)な筆で風刺。ナチスに市民権を剥奪(はくだつ)され,スウェーデンで自殺。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トゥホルスキー【Kurt Tucholsky】

1890‐1935
ドイツの作家,ジャーナリスト。ベルリンのユダヤ商人の家に生まれ,大学で法律を学んだが,入学前から創作を試み,ユーモラスな青春小説《ラインスベルク――恋する人のための絵本》(1912)で文名をあげた。しかし彼の真価は第1次世界大戦終結後,ベルリンの週刊誌《ウェルトビューネDie Weltbühne》を中心とする文筆活動で発揮される。本名のほかにKasper,Hauserなど四つの筆名を使い分けて,文学寄席(キャバレー)のためのシャンソンや風刺的短詩から書評や劇評,時事評論,小咄や小説さらに紀行文と,広い分野に筆をふるった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

トゥホルスキー【Kurt Tucholsky】

1890~1935) ドイツの作家・ジャーナリスト。週刊誌などで広く論評活動を展開、第一次大戦後のドイツ社会を批判した。スウェーデンに亡命後、服毒自殺。評論「ドイツ、世界に冠たるドイツ」、小説「グリプスホルム城」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥホルスキー
とぅほるすきー
Kurt Tucholsky
(1890―1935)

ドイツのジャーナリスト、作家。1月9日ベルリンの富裕なユダヤ系商家に生まれる。法科の学生時代に小説『ラインスベルク』(1912)で文壇に登場。第一次世界大戦後は週刊誌『ベルトビューネ』を中心に、カスパー・ハウザーなど四つの筆名を使って多彩な文筆活動をした。本領は『五馬力で』(1928)、『ドイツ、世界に冠たるドイツ』(1929)などの時局風刺短文や文学寄席(よせ)(キャバレー)用のシャンソン。ワイマール時代の軍国主義、官僚主義、司法の腐敗などを社会主義ヒューマニズムの立場から鋭く批判した。ほかに小説『グリプスホルム城』(1931)などがある。1935年12月21日移住先のスウェーデンのイョーテボリ近郊で服毒自殺。[井上修一]
『野村彰訳『ドイツ世界に冠たるドイツ』(1982・ありな書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トゥホルスキーの関連キーワード社会民主党(ドイツ)ドイツ映画ビゴー明治維新改良主義実験映画造船業電話山県有朋ロサンゼルス・ドジャース