コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥルク大学 トゥルクだいがくTurun yliopisto

1件 の用語解説(トゥルク大学の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トゥルクだいがく【トゥルク大学 Turun yliopisto】

(1)1640年3月,フィンランドトゥルクに創立された大学。現在のヘルシンキ大学の前身。神学,法学,医学,哲学の4学部,11名の教授,約200名の学生で発足した。文献に基づく歴史研究で,フィンランドの歴史学の父と呼ばれるようになったポルタンは,1777年から1804年まで修辞学の教授であった。1800年代初頭のロマン主義運動は,この大学が中心となった。27年9月,トゥルクに大火があり,大学も焼け落ちた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

トゥルク大学の関連キーワードキリシタンブラガンサ朝ピューリタン革命エキュジョアン[4世]ルーベンスの家駒ヶ岳(北海道)モントリオール条約米国の債務(借金)上限問題駒ケ岳

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トゥルク大学の関連情報