コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥルナイゼン トゥルナイゼンThurneysen, Eduard

3件 の用語解説(トゥルナイゼンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥルナイゼン
トゥルナイゼン
Thurneysen, Eduard

[生]1888.7.10. ワレンシュタット
[没]1974
スイスの改革派神学者,牧師。 1927年から牧師をつとめ,30年からバーゼル大学実践神学教授。ブルームハルト (子) や H.クッターの影響を受け,K.バルトの親交を得て,弁証法神学の確立に寄与する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

トゥルナイゼン
トゥルナイゼン
Thurneysen, Rudolf

[生]1857.3.14. バーゼル
[没]1940.8.9. ボン
スイス生れのドイツの言語学者。イェナフライブルク,ボン各大学の教授を歴任。ケルト語派の比較言語学的研究の発達に大きな貢献をした。主著『古代アイルランド語便覧』 Handbuch des Altirischen (2巻,1909) ,『17世紀までのアイルランド英雄伝説ならびに王者伝説』 Die irische Helden- und Königsage bis zum 17. Jahrhundert (21) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トゥルナイゼン【Eduard Thurneysen】

1888‐1974
スイスのプロテスタント教会牧師,神学者。父が牧師をしていたワレンシュタットに生まれ,バーゼルで成長。バーゼル,マールブルクで神学を学び,1913年からアールガウ州のロイトウィル教会牧師。同じころ隣村で牧師をしていたK.バルトと親交を結び,生涯の盟友となった。クッターH.Kutter,C.ブルムハルトの影響を受け,バルトらとともに〈弁証法神学〉の運動を始めた。同運動のための1922年発刊の雑誌《時の間》にも共同編集者として加わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のトゥルナイゼンの言及

【バルト】より

…11年ザーフェンウィル村の教会の牧師。隣村ロイトウィルの教会にトゥルナイゼンがおり,2人は生涯にわたる親交を結ぶ。当時は〈宗教社会主義〉の全盛期であり,2人はその指導者クッターH.Kutterの影響を強く受ける。…

【弁証法神学】より

…F.ゴーガルテンはこれに共鳴して《我は三一の神を信ず》(1926)を著し,E.ブルンナーは《神秘主義と言葉》(1924)を著した。さらにE.トゥルナイゼンやメルツG.Merz(1892‐1959)も加わって,1922年に雑誌《時の間》を刊行した。 しかしやがてゴーガルテンは民族性重視に傾いて脱落し,ブルンナーは自然神学の問題で渡り合い,R.K.ブルトマンは実存論的解釈学を主張して別れ,バルトのもとに最後まで残った盟友はトゥルナイゼン一人であった。…

※「トゥルナイゼン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

トゥルナイゼンの関連キーワードウィルヘルムウィルヘルム[1世]ヴァン・ヴォルクンバーグオリファントハラタマファビウス二葉亭四迷メチニコフ水成岩タフォイド

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone