コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥーン湖 トゥーンこ Thuner See

3件 の用語解説(トゥーン湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥーン湖
トゥーンこ
Thuner See

スイス中部ベルン州にある湖。面積 48km2,湖面の標高 558m,最大水深 217m,長さ 19km,幅約 3km。インターラーケンの町をはさんでアーレ川上流部にあるブリエンツ湖とともに,かつてのアーレ氷河の末端部にできた深い凹地に水がたまったもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

トゥーンこ【トゥーン湖】

スイス中央部のベルナーオーバーラント(ベルン高地)観光の拠点、インターラーケン(Interlaken)の近くにある、山々に囲まれた細長い湖。長さ18km、幅4km、深さ217m。◇インターラーケンは「2つの湖」という意味だが、この町をはさんでトゥーン湖とブリエンツ湖が対称的に並んでいる。この湖には9隻の大型クルーズ船が就航していて、湖上からアルプスの絶景やかつての王族や貴族の居城だった古城の眺めを楽しめる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥーン湖
とぅーんこ
Thunersee

スイス中西部、ベルン州にある湖。標高558メートル、長さ18キロメートル、面積48.4平方キロメートル、最大水深217メートル。東のブリエンツ湖は冬季に凍結するが、この湖は平均水深が大きいため凍結することはまれである。湖岸は夏の観光・保養地としてにぎわい、風の条件に恵まれることからヨットを楽しむ人が多い。[前島郁雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トゥーン湖の関連キーワードベルナーオーバーラントアイガー氷河アルメントフーベルシュテッヘルベルクベルナーアルプスベルナーアルペンベルンアルプスミューレンメンヒ山メンヒスヨッホヒュッテ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トゥーン湖の関連情報