コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トキワハゼ トキワハゼ Mazus japonicus

3件 の用語解説(トキワハゼの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トキワハゼ
トキワハゼ
Mazus japonicus

ゴマノハグサ科の小型の一年草。東アジアの温帯から熱帯にかけて広く分布し,日本各地の庭や路傍に雑草としてごく普通にみられる。葉は長さ2~5cmの長卵形で短い柄があり,柄には翼がある。高さ 10~15cmの茎を伸ばし,葉とともに軟毛が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トキワハゼ

ゴマノハグサ科の一年草で,日本全土,東アジアの路傍や庭などにはえる。高さ10〜20cm,葉はへら形で,長さ1〜3cm。春〜秋,茎の先にまばらに花を開く。花冠は淡紫色で,長さ1cm内外,下部は筒形,上部は唇形(しんけい)になり,下唇は先が大きく3裂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トキワハゼ
ときわはぜ / 常盤爆
[学]Mazus pumilus (Burm. f.) Van Steenis

ゴマノハグサ科の一年草。葉は根際に集まり、倒卵形で先は丸く、浅い鋸歯(きょし)がある。春から秋、5~20センチメートルの花茎を出し、数個の淡紅紫色花を開く。花冠は唇形で下唇は大きく、上唇は小さくて先が2裂する。畑や道端に生える雑草で、日本全土、および東アジアの温帯に広く分布する。名は、春から秋まで、いつでも花がみられることによる。同属のサギゴケによく似るが、走出枝を出さないので区別される。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトキワハゼの言及

【サギゴケ(鷺苔)】より

… サギゴケ属Mazusは東アジア,オーストラリアに分布し,約20種知られ,日本には3種ある。トキワハゼM.pumilus (Burm.f.) van Steenisは路傍に普通に見られる一年草で,花が小さく,走出枝は出さない。日本全土,朝鮮,中国,東南アジアに広く分布する。…

※「トキワハゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トキワハゼの関連キーワードゴマノハグサ科リナリア畦菜瓜草小米草胡麻の葉草紫蘇草引艾虻の眼ゴマノハグサ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone