コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トキワハゼ トキワハゼMazus japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トキワハゼ
Mazus japonicus

ゴマノハグサ科の小型の一年草東アジアの温帯から熱帯にかけて広く分布し,日本各地の庭や路傍に雑草としてごく普通にみられる。葉は長さ2~5cmの長卵形で短い柄があり,柄には翼がある。高さ 10~15cmの茎を伸ばし,葉とともに軟毛が多い。ムラサキサギゴケ (紫鷺苔) によく似ているが,匍匐する枝を出さない点で区別できる。また花期もより長く,春から秋にかけて,茎の先端にまばらな総状花序をなして淡紅紫色の小花を次々とつける。花は長さ 1cmほどの唇状花で先端は上下2唇に分れる。和名は花期が長いことによる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

トキワハゼ

ゴマノハグサ科の一年草で,日本全土,東アジアの路傍や庭などにはえる。高さ10〜20cm,葉はへら形で,長さ1〜3cm。春〜秋,茎の先にまばらに花を開く。花冠淡紫色で,長さ1cm内外,下部は筒形,上部は唇形(しんけい)になり,下唇は先が大きく3裂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トキワハゼ
ときわはぜ / 常盤爆
[学]Mazus pumilus (Burm. f.) Van Steenis

ゴマノハグサ科の一年草。葉は根際に集まり、倒卵形で先は丸く、浅い鋸歯(きょし)がある。春から秋、5~20センチメートルの花茎を出し、数個の淡紅紫色花を開く。花冠は唇形で下唇は大きく、上唇は小さくて先が2裂する。畑や道端に生える雑草で、日本全土、および東アジアの温帯に広く分布する。名は、春から秋まで、いつでも花がみられることによる。同属のサギゴケによく似るが、走出枝を出さないので区別される。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のトキワハゼの言及

【サギゴケ(鷺苔)】より

… サギゴケ属Mazusは東アジア,オーストラリアに分布し,約20種知られ,日本には3種ある。トキワハゼM.pumilus (Burm.f.) van Steenisは路傍に普通に見られる一年草で,花が小さく,走出枝は出さない。日本全土,朝鮮,中国,東南アジアに広く分布する。…

※「トキワハゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トキワハゼの関連キーワードゴマノハグサ科野草(植物)サギゴケ山崎

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android