コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゲワレカラ Caprella scaura

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゲワレカラ
Caprella scaura

軟甲綱端脚目ワレカラ科。体長 2cm内外。各地の潮間帯に最も普通に見られるワレカラ。頭部背面に頭棘をもち,鰓嚢は楕円形。近縁種のクビナガワレカラ C. equilibra は体長 1cm内外で,頭棘はなく,鰓嚢は細いが先太り。マルエラワレカラ C. penantis は頭棘をもち,鰓嚢がほぼ円形。いずれも世界的な分布を示し,潮間帯から浅海の海藻などに群がる。魚類の天然餌料となる。(→甲殻類節足動物端脚類軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トゲワレカラの関連キーワード割殻

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android