コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トビモンオオエダシャク Biston robustum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トビモンオオエダシャク
Biston robustum

鱗翅目シャクガ科。前翅長 35mm内外。シャクガのなかでは体の太い種で,より小さい。触角は雄では櫛状,雌では糸状。前翅は細長い。全体灰褐色で翅表には黒色の2横帯がある。幼虫はリンゴ,ナシ,クヌギ,サクラ,ツバキ,茶などの葉を食べる。成虫は春に出現し,雄は灯火に飛来するが,雌はあまり活動しない。北海道,本州,四国,九州に分布する。奄美大島と沖縄本島産は亜種 B. r. ryukyuensisという。なお Biston属のエダシャクはイギリスにおける工業黒化の例として有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トビモンオオエダシャクの関連キーワード35mmフィルム換算値ニコンFXフォーマットAPSアスペクト比フィルムレコーダーAPSフィルムDX Nikkor広角レンズパトローネ標準レンズ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android